出会えるおすすめ優良出会い系サイト情報!

600人以上の女性とマッチングした男が語る、マッチングアプリで出会う方法!おすすめの出会いアプリも紹介!

 

 

はじめに

 

私はマッチングした女性の数は600人を超えます。

 

1ヶ月に30人以上の女性とマッチングして、マッチングする度に女性達にアポイントを取っていきました。

 

多い時は1か月に10人、1日に2.3人と会うこともありました。

 

そんな生活をして早4年、恐らくマッチングアプリに費やしてきた費用は、軽自動車を購入できるくらいのものです。

 

ただ、その結果綺麗な女性に多く出会うことができました。

 

そして、多くの価値観や視野、人脈を女性達から学ぶことができ、成長できました。実際、複数人と交際したことも何度かありますが、現在はそのマッチングの流れを継続しつつ優雅に独身貴族を満喫中であります。

 

このマッチングアプリでの経験を伝えることで、「マッチングアプリをうまく活用できていない」、「これからマッチングアプリをスタートさせて女性と出会いたい」方の役に立ちたいと思っています。

 

 

1.マッチングアプリを始めたきっかけ

 

私は、昔からインターネット上の出会いを利用していました。理由は、女性との出会いが少ない環境に自分をおいていたからです。

 

今思えば、もっと女性のいる環境に入っていけばよかったと思います。ただ、その時は自分に自信がなかったのです。

 

皆さんは【mixi(ミクシィ)】 というソーシャルネットワークキングサービス(SNS)をご存知でしょうか?恐らく、現在の利用者数は激減していると思いますが、当時、mixiはSNS上での出会い場の先駆けでした。

 

mixiには、「趣味」や「学校」、「出身地」等のコミュニティがあり、お金もかからず女性に自由にメッセージを送ることができました。

 

mixiを活用し当時から多くの女性と出会い、沢山遊んできました。インターネット上で異性と出会うことに関して、「危ない、怖い」と言われてきたが、怖い経験はしたことが一切ありません。

 

現在、愛用しているのはスマートフォンアプリで、水色のアイコンで白地のハートとPのロゴマークの【Pairs(ペアーズ)】というアプリ。

 

勿論、他にも多くのマッチングアプリがリリースされています。例えば、「タップル誕生、Omiai(おみあい)」等があります。これらいくつかのマッチングアプリを駆使して女性との出会いを増やしてきました。

 

現在、ペアーズを利用してる理由は、一番登録者数が多いという点と、使い慣れているという点です。

 

ペアーズの詳細はこちら

 

2.出会い方のきっかけは様々だ

 

世の中にはマッチングアプリの他にも、街コンや合コン、相席居酒屋・相席ラウンジ、クラブやストリートナンパ等、沢山の出会い方があります。しかし、あくまで経験上ですが、出会ったとしても次に続かないことが多かったです。それに引き換えマッチングアプリは、真剣な女性が非常に多い。

 

自分自身、「出会えなかった」、「出会えたけど続かなかった」等の結果を踏まえ、どのマッチングアプリが一番出会えるかをいくつかのマッチングアプリを使って比較しました。

 

また、街コンや相席屋等での出会いも比較した結果、一番自分が効率よく出会えたのが「ペアーズ」という訳だったのです。

 

効率がよいとは、その後の交際に発展し易い可能性があるということです。

 

なので、真剣に交際相手を探している男性には、マッチングアプリのペアーズをお勧めしたい。

 

 

3.マッチングアプリは都合のいい出会いのツール

 

世の中、自ら行動を起こせば、出会いは沢山転がっていることに間違いはないです。

 

ただ、出会いがない環境にいる男性もいます。その為の出会いツールだと思えばいいのです。

 

・仕事が忙しい
・住んでいる場所から繁華街にでるのに時間がかかる
・終電が早い
・休みが固定されていない
・自分に自信がない

 

このような要因もあり、思うように行動できないもの仕方ないと思います。ただ、マッチングアプリは場所や時間を選びません。

 

電車の中、お風呂の中でも使用できる。最もマッチングアプリを活用すれば、沢山の女性と出会えます。

 

 

4.マッチングアプリのメリットは??

 

「隙間時間で出会える」「限定的な詳細検索方法」「マッチングアプリと合コン、街コンと比べてみる」の三点をマッチングアプリを使う際のメリットとして説明していきます。

 

4-1隙間時間で出会える

 

マッチングアプリの特性として、お手持ちのスマートフォンやパソコンで簡単に女性と出会うことができます。

 

それは、仕事の休憩中や移動時間に、「いいね」をタップしておけばいいだけ。

 

あとは返事が来るのを待つ。返事なければ、次の女性を探して「いいね」をタップしてマッチングするのを待つ。とても簡単な動作だけで、女性と知り合える仕組みになっています。

 

(詳しい仕組みについては↓「5.出会うための仕組み」に記載しました。)

 

また、プロフィールを整理しておけば、第二の自分としてマッチングアプリ上で動いてくれます。隙間時間で効率的に出会えるのがマッチングアプリです。

 

 

4-2限定的な詳細検索

 

事前に人を選ぶことができるのは、マッチングアプリぐらいしかないと思います。マッチングアプリには、詳細検索機能があります。

 

詳細検索機能とは、自分の女性への希望条件を打ち込むとより自分の理想に近い女性を見つけ出すことができるという便利な機能です。

 

休日や仕事内容、喫煙の有無や結婚観、出会うまでの希望等を指定できます。例えば、禁煙者である自分、相手が喫煙者であることを事前にわかっていれば会わなかったと判断する場合もあるのです。

 

また、休みが合わないと一緒に出掛けたりして、時間を共有することができない。なら事前にわかっていれば沢山楽しい時間が共有できる可能性が広がる出会いになります。

 

職業を選択することで、これまで出会うことのなった職業の女性と出会える。それも楽しみのひとつだと思います。

 

 

4-3マッチングアプリと合コン、街コンと比べてみる

 

合コンや街コンは連絡先を知る場として、「いい人がいればこれから仲良くなろう」がスタートです。

 

2時間〜3時間程度、居酒屋でお酒を飲みながら仕事や好きなタイプ等の自己紹介をします。参加女性の中には「彼氏には秘密で来た」、「最近別れて傷心中」、「とりあえず友達に合う為に来た」という男性のモチベーションを下げる不届き者もいたことが何度かあります。

 

スタンスの違いが生まれやすい、いや、スタンスを合わせてもらうことは強制できないのが合コンのデメリットです。

 

勿論、お互いにいい人が居ればよいのですが、短時間でそれを把握するのは正直難しいです。良い人が居なければ、その合コンはお金と時間の無駄遣いになります。正直、コストパフォーマンスが悪いと思います。

 

街コンに関してもスタンスは強制できないですが、参加人数が多い為、一人や二人、そのような女性がいても気になりません。

 

だた、街コンは男女比が合わない、美人がいればその女性に男性が群がってしまう等のデメリットもあります。女性に比べて男性の参加費用は2時間で1万円を超える街コンもあります。果たして、コストパフォーマンスがよいよ言えるのだろうか、という疑問に思うところです。

 

勿論、マッチングアプリでも、会ってみないとどんな人か、わからないこともあります。しかし、お互いの写真を交換したり、電話することで会う前に大凡のことは判断できます。その判断で連絡をするのを辞めてもいいのです。

 

「マッチングアプリで付き合いました、結婚しました」との広告には、短期間で交際や結婚に至っているケースを見ます。

 

マッチングアプリの方が、合コンや街コンより出会いのきっかけとして重宝すべきだと個人的に思います。では、一体どのような方法、仕組みがあって女性と知り合えるのでしょうか??

 

 

5.出会うための仕組み

 

マッチングアプリの形式は様々種類がありますが、どのマッチングアプリでも本人確認及び年齢認証をクリアしないと有料会員になれないのが前提です。

 

中には、クレジット決済が必要になるマッチングアプリもあります。これは、未成年の犯罪やサクラや業者を排除するためにも役立ちます。

 

ペアーズを例えにすると、3ヶ月、半年、1年などの期間は自由に女性とメッセージをすることができます。但し、誰とでもメッセージができる訳ではないです。ここからはマッチングアプリの本題に入ります。

 

マッチングアプリでは、男性は気になる女性を発見したらその女性に「いいね」をタップします。「いいね」をすると女性に男性から「いいね」が来たと表示されます。

 

その男性からの「いいね」に対して、女性は男性のプロフィール等を確認し、メッセージをやり取りしたいと思ったら、「ありがとう」というボタンをタップでする事でメッセージのやり取りをすることができるようになるのです。

 

それが出会いのスタートになります。

 

マッチングアプリ毎に「いいね」が「いいかも」に表現の仕方が違うが、基本的にどのマッチングアプリも似たような仕組みで成り立っています。

 

「いいね」というポイントがプラン毎に毎月付与されますが、足りない場合は、購入することもできます。では、どのようなマッチングアプリが今流行りで、出会えるのでしょうか?

 

 

6.マッチングアプリの選び方

 

インターネットの検索エンジンで「マッチングアプリ」と検索すれば、多くの体験談や口コミが載っています。

 

参考としてですが、まず、そのマッチンアプリに実績があるかどうか、インターネット異性紹介事業の届け出を出しているか、口コミに記載されている内容がよいかどうか、運営側のサポート体制が整っているかどうかが挙げられます。

 

大抵、これらの内容が整っているマッチングアプリは高評価です。評価のいいマッチングアプリを抜粋してみました。

 

【ぺアーズ】

・登録者数が、800万人を突破したとマッチングアプリの中で一番多いと評判。大量の女性ユーザーからタイプの女性を探せる点がペアーズのメリット。勿論大量の男性ユーザーもいる。

 

・婚活、恋活と真剣に出会いを求めている女性が多いため、比較的デートまで行ける確率が高いマッチングアプリ。

 

・男性に掛かる費用については、マッチングアプリ内でも低めに設定してあり、ポイント2倍デーもあり。

 

・その他、ポイントをアイテムに交換して、優先的に表示されるものがあり、マッチング成功率があがるようなシステムもあり。

 

・安全性については、登録時に年齢認証があり、勧誘や誹謗中傷メッセージ等が行われないように監視体制が365日24時間置かれている。勧誘や誹謗中傷メッセージが確認できた場合は、強制的に退会させられる。

 

・インターネット異性事業紹介の受理番号あり。

 

ペアーズの詳細はこちら

 

【Omiai】

 ・マッチングアプリの中で、一番結婚相談所に近いようなアプリ。硬派なイメージが強く、恋活より婚活を目的として利用される方が多い。
 ・他のマッチングアプリより男性にかかる費用が若干高く設定してある。よって、無駄にポイントを使用する男性が少ない。

 

 ・女性のプロフィールがしっかりと記載されている傾向にある。
 ・年齢認証を完了しないと利用できない。
 ・24時間365日の監視体制で安心・安全なサービスを提供している。
 ・インターネット異性紹介事業の受理番号あり

 

Omiaiの詳細はこちら

 

【タップル】

 

・ペアーズに比べ、若年層が多いマッチングアプリ。
・趣味のカテゴリーがいくつかある。「オシャレ好き」「音楽好き同士」「料理好き同士」
等、趣味や遊び友達を探すようなフランクなマッチングアプリ。
・ポイントをアイテムに交換することで、優先的に表示される。また、人気女性にアプ
ローチできような仕組みもあり。

 

・年齢認証や有料会員への登録が完了しないとメッセージを送ることができない。
・24時間365日の監視体制で安心・安全なサービスを提供している。
・インターネット異性事業紹介の受理番号あり。

 

 

どのマッチングアプリでも年齢認証や365日24時間の監視体制が置かれることが一般的となってきました。サクラや他のサイトに誘導しようとする業者を排除する動きも積極的にあり、安全・安心なマッチングアプリが増えているのが現状です。

 

それによって、マッチングアプリは危険だと位置付ける時代が、変わってきています。出会いがない人は男性・女性関係なく積極的にマッチングアプリを活用すべきです。

 

ここまでは、どの基準でマッチングアプリを始めるべきかという点で、提案してきました。これからは実務的にどうしたらより多く女性とマッチングできるかの方法を検討していきます。

 

 

7.プロフィール上で最大限のアピールをする。

 

これからマッチングアプリをスタートしようとする男性と既にマッチングアプリ使用している男性ではマッチングアプリへの理解度が違うと思います。

 

簡潔に言うとマッチングアプリを使っていても、マッチングできなければ、マッチングアプリを利用している意味がないのです。

 

マッチングアプリを使っている女性も多いので、マッチングできる確率は多いと思ったら間違いです。

 

沢山の男性がいる中で、自分を選んでもらう重要なポイントを理解する必要があります。

 

それはプロフィールの充実です。というより、マッチングアプリは、プロフィール画面でしかアピールすることができないのです。

 

だからこのプロフィールを充実させるべきなんです。

 

実は、ペアーズで女性と会った際にマッチング件数を増やしたいと相談した際に、その女性に男性の検索ページを見せてもらったことがあります。

 

マッチングアプリのプロフィールには、他の男性と違うと思わせる差別化プロフィールを作成するのが重要だと感じました。では、どのようなプロフィールにしたらマッチング件数が増えるのでしょうか??

 

 

 

7-1.ユーモアたっぷりのプロフィールの作成へ

 

ユーモアとは何か?それは言葉選びが上手で、相手をクスッっと笑わせてあげることができる技術です。それを文字にしてアピールする。

 

例えば、趣味を例にしてみます。

 

いいねの数の少ない男性のプロフィールを見ると、【趣味は、ゴルフ・フットサル・ボードです。】

 

ただ単に、趣味が羅列してあります。このプロフィールを読んだ女性のどれくらいがその男性に興味を持ってくれるでしょうか?女性は男性に対して、シビアです。よって何のアクションにもならないのです。

 

逆にいいねの数が多い男性は、趣味に対して、きっかけやその場が想像できるような言い回しで表現してあります。

 

「趣味は、上司に強制的に連れられて始めたゴルフです。強制的すぎて、最初はパワハラだ、と会社のコンプライアンス部に文句を言おうとしたけど、やってみたら意外と面白くて、週末打ちっ放しばかり行ってます!しかもゴルフ場で昼間っからビール飲んでも怒られないから、幸せ。でも好きな人もゴルフが好きで一緒に出来たらもっと幸せだけどね。」

 

このいいねの数の多い男性のプロフィールは女性に対して、ユニークでユーモアが伝わる面白いプロフィールとなっています。いくつかの趣味をただ羅列するより効果があります。

 

前提として、女性は男性より警戒心が強いのです。だからこそ自らの情報を先に具体性をもって発信させる必要があります。

 

一度、自分のプロフィールを見返してみるといいです。

 

 

7-2.自虐ネタたっぷりのプロフィールの作成へ

 

年収や学歴がなくても、気にしない女性が大勢いるはずです。女性でも男性並みに仕事をしている女性は沢山います。年収や学歴を気にする女性はターゲットから外すべきです。

 

勿論、年収や学歴の高い男性はそれを全面的にアピールしてもいいと思います。使える武器は使う。

 

ただ、「一緒にいて楽しい」、「笑わせてくれる居心地のいい」男性だということアピールしてみてはどうだろうか?

 

「最近、海外から帰ってきました。何か国語話せます。よく穏やかだといわれます。」

 

より、

 

「最近、巷で人気のちびです。ちびの良いところは、満員電車でも場所を取らないところでしょ、同じ目線で話せるところでしょ。この機会に一度チビにチャレンジしてみてはいかがでしょう(泣)?あんまりちびちび言われると泣くけど!!」の方が、自虐的で読んでいる女性対してインパクトが与えられるはず。

 

別に、巷で特に人気ではないし、満員電車の乗らない女性もいるがコンプレックスをポジティブなネタとして楽しく、記載したらいい印象が伝わります。

 

これは、コンプレックスをポジティブにアピールしている男性だということを印象付けるために必要です。

 

 

7-3.女性のプロフィールに合わせて自分のプロフィールを作成する。

 

女性のプロフィールを分析して、マッチングしてもらえそうなプロフィールに変更するのも大事です。これは少しズルいやり方ですが、出会う為には嘘でない程度に話を盛ることです。

 

例えば、休日の過ごし方。

 

「お酒が好き」、「カフェ巡りが好き」、「旅行が好き」、「アウトドアが好き」等の記載があれば、似たようなプロフィールにして親近感を得てもらえるように変更にするのです。

 

見ず知らずの人と連絡を取るのだから、少しでも話題が多い方がやり取りし易いのは当然。「お酒が好きだから、オシャレなBARを一人で巡っている」とか「週末は大学の友達と海や川でBBQをしている」等を記載しても面白いと思います。

 

それ以外に、好きな男性のタイプに着目してもいいです。女性のプロフィールに「ひっぱってくれる人がタイプ」、と記載してあるのをよく見かけます。ならば男性は「ひっぱってくれる」ようなイメージを女性に沸かせるようなエピソードを記入すべきです。

 

例えば、「○○の仕事をしている企画・提案型の営業マンです。好きな人と大事な時間を過ごしたいので、いつも好きな人へ遊びに行くプレゼンします。仕事のプレゼンよりデートのプレゼンの方が難しいけど。ノーとは言わせない楽しい場所のプレゼンをします。」
はどうだろうか。多少なりとも、「ひっぱってくれる」ようなイメージを与えられたと思います。

 

折角なので、どんどんアピールした方がいいです。

 

 

 

7-4.イメージが伝わる写真を沢山掲載しよう

 

プロフィールでアピールできる方法として写真を使うことです。多くのマッチングアプリは、写真を何枚か掲載することができます。

 

大前提として、自分の顔を載せるのは当然です。やはり顔もわからない男性と連絡を取るのは女性としては、怖いためマッチングする確率が激減します。

 

イケメンではないと悲観する必要はないです、顔写真を何枚かマッチングアプリ上に掲載させましょう。

 

その他には、スポーツしている写真やどこか旅行にいった時の写真、賑やかに友達と騒いでいる写真等を載せて親近感を沸かせるべきです。

 

男性の中には、裸で筋肉をアピールしている写真もあるようですが、それはどうかと思います。勿論、筋肉好きな女性も多々いると思いますが、マッチングアプリで最初にアピールするものではないと思います。

 

大事なのは、最終的に「この人といたら楽しそうだなと思わせたら勝ちだ!」

 

 

7-5、真面目さが伝わるプロフィールを作成する。

 

ここまでは7-1.7-2の様にユーモアやセンスのような感覚的なアピールをするプロフィールを前提としてきました。しかし、それだけではなく、真面目さを伝えるのも一つの方法です。

 

マッチングアプリや出会いアプリは真剣に男性を探している女性が大半です。7-1.-7-2.はどちらかと言うと、いい人がいればいいな、とマッチングアプリに重きを置いていないような女性に対してのプロフィールです。

 

では、真剣に交際相手を探している女性や男性経験が少なく、不安に思っている女性に対しては、少し真面目にプロフィールを記入する方がマッチングし易いのです。

 

例えば、「仕事で英語を使う機会が増えてきたので、出勤前に朝活として英語の勉強をしています。」や「知恵や知識を増やして、周りにいい影響を与えられる男性になりたいので、毎月5冊読書しています。」、「最近、4歳になる甥っ子と二人でプールに行きました。

 

子供目線からプールを見て危険な事が沢山あって大変。海やプールが好きなので、行くときは小さい子供に気を付けてあげたいと思いました。」等の誠実な面をアピールするのもよいです。

 

正直、プロフィールを読む女性もそれを判断基準とするので、プロフィールがどれだけ充実しているかで印象が全然違います。

 

しかし、これはあくまでも参考なので、自分自身に合ったプロフィールに変更すべきです。

 

 

8.マッチングアプリで出会えた女性とのエピソード

 

エピソード@【金融系営業レディーAさんとの出会い】

 

Pairsの月額費用プランから賦課されるポイントとは別に、ポイントが無くなった際に購入できるシステムがあります。そのポイントを約4,000円分の60ポイント購入して、「いいね」をタップした女性です。

 

スーツ姿の写真と少し加工された顔写真が載っていました。プロフィールを見ると「県外から来て社外に知人や友人もおらず、はじめてみました。」と記載がありました。

 

恐らく時間を持て余していると思い。「いいね」をタップ。30分も経たないぐらいでマッチングした記憶があります。実は「いいね」をタップするタイミングも重要です。

 

土日休みの女性に対して、有効だと考えたのは、平日の仕事が終わった帰宅中・帰宅後。
大凡時間帯は、18時以降。若しくは、日曜日の夕方。この時間はマッチングアプリを見ている傾向が強い。また、ログイン時間も表示されるので、それを充てにしてもよいです。

 

なんにせよ、女性とマッチングするためには本当に研究が必要だ。闇雲に費用をかけてポイントを使用するのは勿体無いです。

 

その女性とは、頻繁にやり取りをしていました。

 

お酒を飲みにいく誘いをしたが、やはり金曜日の夜は女性の職場の飲み会が多くタイミングよくお会いできませんでした。勿論、他の曜日でもよかったのですが、金曜日の方が明日を気にしなく飲めるので、とのこと。なので、タイミングがあえば会いましょうとなった。

 

数週間メッセージは無かったので、久しぶりにメッセージをしてみました。そうしたら、タイミングよく「今日の予定がなくなったので、良かったら」とメッセージが届いたのです。

 

生憎、自分も予定がなかったため、お会いすることができました。タイミングのこともあったのですが、根気よくメッセージをした結果、会うことができました。

 

営業職の女性で人見知りをしないということだったので、ざっくばらんに仕事や恋愛のことを沢山話しました。その後、その女性とは恋愛対象とは進展はなかったのですが、なんでも話せる友人になりました。

 

 

 

エピソードA【キャビンアテンダントのBさんとの出会い】

 

ある日、Pairsの詳細検索で「休日を平日休み・シフト制」、「職業を接客業・受付業」、「年齢:24〜27歳」で検索しました。

 

勿論、職業欄にはキャビンアテンダント欄があるが、事前に検索した結果「0人」だったので、「職業を接客業・受付業」で検索した。(キャビンアテンダントの知り合いが欲しい、知り合い増やして合コンしようという気持ちで検索しました。)

 

キャビアテンダントとは記載がなかったが、海外の写真が多く、海外留学していたとの記載のある女性を発見。(女性は顔写真を載せることに抵抗があり、特に接客業・受付業の子は仕事柄、不特定多数の人と話すため、載せてないことが多いです。)

 

もしかしたらと思い「いいね」をタップ。数日経ってマッチングしました。

 

そこから2.3日、メッセージのやり取りし、夜22時ごろ「今、フライトから帰ってきて、明日、○○駅に行く予定ですけど、その駅で少しお会いできたりしませんか?」とのメッセージが・・・。話を聞くと、バイオリンのお教室の後に時間が少しあるようで、そのついでに会ってみたいと誘って頂きました。

 

駅に18時にお待ち合わせをしました。時間通りに待ち合わせ場所に来たのですが、すごい綺麗な人で焦りました。ショッピングタワーの14階のイタリアンレストランで食事をしました。

 

お酒を飲みながら「何故マッチングアプリを?」と伺うと、Bさんは、「仕事柄出会いは多いけど、仕事は仕事。プライベートはプライベート」と割り切りたいとの願望がある。

 

お互いお仕事忙しいので、またタイミング会えば飲みに行きましょうと、21時には解散しました。 恐らくタイプではなかったのであろう次のアポイントにつながらず自分の力不足を感じました。もっと自分磨きが必要と学びました。これもいい経験です。

 

 

エピソードB【保育士Cさんとの出会い】

 

TVで美人保育士さんのドラマを見ていた。保育士と友達になりたい、と思いペアーズで保育士さんを探す。手当たり次第に「タップ」をする。何人か保育士さんとマッチングしました。

 

その中で保育士のCさんとマッチングし、2か月以上はメッセージのやり取りをしていました。ただ、会おうとするとお互い休みも合わず、会うタイミングも決まらずという感じでした。

 

ある日、Cさんからの依頼で最初から複数(3人対3人)で会いたいと提案を受けました。

 

丁度、幼稚園が夏休みに入ったとのことで、割と時間の都合が付けれそうとの連絡でした。

 

要は周りの友達も出会いが欲しがっていたと思います。ただ、Cさん自身が非常に人見知りで、緊張してしまう点から合コンという形にしたようです。どのような形であれ、会うことができました。

 

時間と場所を決め、予定通りに進みました。しかし、最初から複数人で会うとぎこちなく、あまり盛り上がらなかったです。

 

やはり最初は、2人で会って、次回合コンにしようという流れの方がよかったのかもしれません。その後、一切連絡はなくなりました・・・。

 

 

エピソードC【アパレルショップ店員Dさんとの出会い】

 

 Dさんとはマッチングしたその日に会いました。お互い仕事が休みで暇をしていたのです。

 

住まいを聞くと、電車で3駅程の距離でした。下心丸出しで、「家で映画見る?」と聞いてみると、「はい」との即答。

 

会ったこともない男の家によく来ようと思うなーと思いながら、駅で待ち合わせをしました。会ってみると、意外や意外、芸能人にいそうな美女でした。

 

近くのレンタルDVDショップでDVDを一緒に選んで、家でDVD鑑賞をスタート。
「どうして家来ようと思ったの?怖くない?」って聞くと、「プロフィールから楽しそうな人だと思ったし、危ない人だったらすぐ帰ればいいと思った」、と。

 

このような割り切った女性は稀だが、実はこの子とは同じ高校出身だった。その後、何度が遊んで、付き合うことになりました。楽しい時間を半年間程過ごし、お別れしました。

 

 

9.まとめ

 

何か参考になる点はあったでしょうか?プロフィールを充実させる事がマッチングアプリでマッチングする為の重要な要素だと理解して頂けたはずだとおもいます。女性も出会いを欲している。それは間違いないです。

 

実は、「7.」は自らのマッチングアプリに利用したプロフィールの文章を抜粋しました。「本当にこれでマッチング件数が増えるのか」、と疑問をもっていた男性もいるはずです。

 

正直このプロフィールで沢山の女性とマッチングしてきたので、自分の中では確立されたプロフィールだと思っています。何度も何度も書き換えて、女性ウケのいいプロフィールになったと自負しているのです。

 

だから、一度でいいから私のプロフを参考にして、数週間プロフィールを変更してみて欲しいと思います。そしてどんどん肉付けして、素敵なプロフィールを作って欲しいです。それがマッチングアプリで女性と出会うための近道だと思います。

 

以上です。

 

 

 

このサイトでは、管理人が出会えたおすすめの優良出会い系サイトをランキング形式で紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 優良出会い系サイトランキング2019